モラル・エッセイコンテスト入賞者発表 福島県教委

2021/12/06 16:22

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県教委は6日、2021(令和3)年度のモラル・エッセイコンテストの入賞者9人を発表した。最優秀賞には、中学生の部で木村友織香さん(小名浜二中3年)の「カール先生と甚平と雪駄」、高校生の部で大竹美保さん(会津農林高3年)の「民話の語りを通じて」、一般の部で大竹英子さん(会津若松市)の「家族」が選ばれた。

 道徳教育総合支援事業の一環。3部門に計1129点が寄せられた。授賞式は来年1月5日、福島市のふくしん夢の音楽堂(市音楽堂)で行われる。

 各部の優秀賞受賞者は次の通り。

 ▽中学生=星綾乃(荒海3年)小泉つばさ(小名浜二1年)菅野心花(東和3年)▽高校生=長良遥香(会津農林1年)杉山綺音(好間3年)▽一般=鴫原美紀(二本松)