郡山初のプロオーケストラ旗揚げ公演

2021/12/07 09:50

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
壮大な音色を奏でる出演者
壮大な音色を奏でる出演者

 福島県郡山市で初めて発足したプロオーケストラ「郡山交響楽団」の旗揚げ公演は6日、市郡山公会堂で開かれた。

 約180人が来場した。国立音大大学院非常勤講師の粂原裕介さんが指揮を務めた。団員約40人が出演し、モーツァルトの「フィガロの結婚 序曲」、エルガーの「弦楽セレナーデより二楽章」などを演奏した。

 二本松市出身のテノール歌手樋口達哉さんも舞台に立ち、豊かな表現力で聴衆を魅了した。

 楽団は団長の五十嵐陽さん(41)=郡山市、ノア楽器社長=らが、音楽に打ち込む子どもが将来、地元で活躍できる場を設けようと立ち上げた。今後は演奏会に加え、技術指導などの活動を繰り広げる。