来年2月にJヴィレッジで第3回ウォーキングサッカー全国交流会in福島 20日から参加チーム募集

2021/12/20 09:36

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
ウォーキングサッカー全国交流会をPRするポスター
ウォーキングサッカー全国交流会をPRするポスター

 第3回ウォーキングサッカー全国交流会in福島Jヴィレッジは2022(令和4)年2月8、9の両日、Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)で開かれる。20日に参加チームの募集を開始する。

 南相馬市のNPO法人はらまちクラブと県相双地方振興局、Jヴィレッジの主催、福島民報社の共催。新型コロナウイルス感染拡大のため2020年度は中止になっており、2年3カ月ぶりの開催となる。ウォーキングサッカーは、走らずに歩きながらプレーする競技で、生涯スポーツとして人気を集めている。

 8日は平均年齢が60歳以上と59歳以下の部に分かれて優勝を争う。9日は所属にかかわらずチームを編成し、交流戦を行う。新型コロナ対策に十分な配慮をして実施する。

 8日は試合の後にスポーツ講演会を開く。早稲田大スポーツ科学学術院教授の間野義之さんと経済産業省スポーツ産業室長の浅野大介さんが「スポーツの未来創造」をテーマに語る。

 試合は6人制で行い、登録は1チーム最大8人。参加費は1人1万6000円。先着12チームで締め切る。

 はらまちクラブの江本節子理事長は「コロナ禍だが、交流会を通して東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向け、全国に元気を発信したい」と話している。

 申し込みは、はらまちクラブのホームページ(http://npoharamachiclub.jp/)から書類をダウンロードして申し込む。問い合わせは同クラブへ。