福島県が8位入賞 全国都道府県対抗女子駅伝

2022/01/16 21:16

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
ゴールした福島のアンカー石井寿美=たけびしスタジアム京都
ゴールした福島のアンカー石井寿美=たけびしスタジアム京都

 第40回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は16日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極運動公園陸上競技場)をスタート・フィニッシュとする9区間42・195キロで開かれ、福島県は2時間17分58秒で8位だった。2006(平成18)年の第24回大会以来、16年ぶり3度目の入賞を果たした。京都が2時間15分5秒で優勝した。

 東京五輪出場選手らが集う1区で福島県は田辺美咲(三井住友海上、田村高出身)が3位集団に入り区間10位となった。2区佐藤美空(学法石川高1年)が順位を2つ上げ、入賞圏内の8位に付けた。

 3区湯田和未(若松一中2年)は区間2位の好記録で6位に浮上。4区の三科文(学法石川高2年)は区間20位と粘り、8位をキープした。5区平尾暁絵(同)は終盤で集団から抜け出し順位を2つ上げ、6位とした。6区佐藤瑠香(同)が12位と落としたが、7区岩崎麻知子(同)が区間8位の好走で順位を保った。

 8区木戸望乃実(石川中2年)は区間6位で再び8位に巻き返し、アンカーにつないだ。主将の9区石井寿美(シスメックス、学法石川高出身)が終盤まで熾烈(しれつ)な入賞争いを繰り広げ、8位でフィニッシュした。