新型コロナ 福島県内の情報

福島県郡山市「オミクロン株の可能性高い」88%に 10~16日の変異株調査

2022/01/19 09:41

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県郡山市は10日から16日までに実施した新型コロナウイルスの変異株調査で、88・0%がオミクロン株の可能性が高いと18日発表した。前週発表分の47・8%を約40ポイント上回り、市は「オミクロン株への置き換わりが急速に進んでいる」とみている。

 PCR検査で陽性となった市内の50検体を調べ、このうち44検体がオミクロン株の可能性が高かった。昨年12月26日から今年1月9日までに市が検査した前週発表分は23検体のうち11検体でオミクロン株の可能性が高かった。

 市はPCR検査で陽性が確認された検体を対象にデルタ株検査を実施している。検査で陽性の場合はデルタ株、陰性ならばオミクロン株の可能性が高いと考えられるとしている。