福島県の復興へ高校生が解決策提言 福島市でワークショップ発表会

2022/01/24 09:34

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
県内の高校生が復興への課題解決策を提言したワークショップ
県内の高校生が復興への課題解決策を提言したワークショップ

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した福島県の現状を学ぶ国際高校生放射線防護ワークショップの発表会は23日、福島県福島市のキョウワグループ・テルサホール(福島テルサ)で開かれた。福島、安積、ふたば未来学園の各高校の生徒が福島県復興に向けた課題の解決策を提言した。

 安積高の主催。生徒をはじめ、関係省庁やNPO法人、各校の関係者ら約40人が参加した。生徒は飯舘村長泥行政区で行われている除染土壌の再生利用事業や、福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水を海洋放出する政府方針などに関する学習成果を発表した。処理水を巡る情報発信や風評の払拭(ふっしょく)、放射線教育の在り方などで意見を述べた。

 ワークショップは2015(平成27)年に始まり、コロナ禍前はフランスや県外の高校生も参加していた。2021(令和3)年度は福島第一原発や被災市町村の見学などを通し、福島県復興への課題に理解を深めた。