漫画で学ぶ(1月28日)

2022/01/28 08:53

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 漫画のジャンルの一つに「学習漫画」がある。歴史や人物を取り上げたり、科学や医学を扱ったりする。絵と文章による表現が読者の理解を助ける。種類も豊富で、公立や学校の図書館にあるコーナーがにぎわう▼郡山市出身の儒学者・安積艮斎[ごんさい]の生涯をまとめた漫画が出版された。艮斎は、明治の父とも称された小栗上野介や幕末の思想家・吉田松陰、三菱財閥創業者の岩崎弥太郎ら約三千人を教育した。血縁関係がある安積国造神社の宮司が史実に基づきシナリオを書き下ろした▼漫画とはいえ、大人にとっては「学び直し」に役立つ。例えば、幕末にペリーが来航した際、艮斎がアメリカの国書を翻訳した。英語が話せた訳ではない。手紙は隣の清国で漢文に訳されていた。幕府は漢文学にも秀でていた艮斎を頼ったとされる。教科書にはない逸話も面白い▼執筆者は「艮斎の一生が分かる決定版であり普及版との思いを込めた」と話す。難しい内容だが読みやすくなり、子どもたちの興味を誘う。より深い学習を始めるきっかけにもなるだろう。たかが漫画と侮らずさまざまな作品に手を伸ばしてみよう。誤解や思い込みが払拭[ふっしょく]され、きっと新たな発見もある。