深海魚「カンテンゲンゲ」ふ化に成功 アクアマリンふくしまが展示

2022/02/03 18:32

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
アクアマリンの深海魚「カンテンゲンゲ」
アクアマリンの深海魚「カンテンゲンゲ」

 福島県いわき市小名浜のアクアマリンふくしまは、生態などが詳しく分かっていない深海魚「カンテンゲンゲ」を卵からかえすのに成功した。館内で今回誕生した魚を展示している。

 同館によると、北海道東沖で採集したコンゴウアナゴが偶然吐き出した卵を発見し、ふ化させた。当初、何の卵か不明だったが、生まれた稚魚が成長するにつれ、外見上の特徴が現れるなどしたためにカンテンゲンゲと分かったという。

 生きている姿を見ることがほとんどないため、「幻の魚」とも言われている。職員の森俊彰さんは「貴重な姿を見てほしい」と話している。