天海大僧正の功績、漫画やラジオで発信 古里の福島県会津美里町 観光協会HP活用

2022/03/16 09:39

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
福島県会津美里町の名僧・天海大僧正にちなんで作られた日本酒「随風」
福島県会津美里町の名僧・天海大僧正にちなんで作られた日本酒「随風」
天海大僧正の功績を紹介している会津美里町観光協会のホームページ「ミサトノ」
天海大僧正の功績を紹介している会津美里町観光協会のホームページ「ミサトノ」

 福島県の会津美里町観光協会は、同町出身の名僧・天海大僧正(てんかいだいそうじょう)を広く知ってもらおうと新たな取り組みを始めた。同協会のホームページ「ミサトノ」で、天海さんの功績や生き方を漫画とラジオで紹介している。

 漫画「天海さま物語」は絵と文章を用いて、天海さんの生涯をわかりやすく紹介している。ラジオ福島と協力した「てんかいさんのこぼれ話」は、ラジオ福島(rfc)の人気番組「おばあちゃんのむかし話」を長年担当してきた故森和美さんが語り・脚本を務めた。

 天海さんは徳川家康、秀忠、家光の三代将軍に仕え、江戸幕府の政策に深く関わった人物。町観光協会などは天海さんの大河ドラマ化を目指して著名活動などを行っている。


■純米酒「随風(ずいふう)」を5店舗で販売

 会津美里町観光協会は、天海大僧正にちなんだ純米酒「随風(ずいふう)」を町内5店舗で販売している。

 全国新酒鑑評会や東北清酒鑑評会などで多くの実績がある町内の白井酒造店が協会から依頼を受けて製造した。価格は720ミリリットル入りで1320円(税込み)。やや辛口で穏やかな香りが特徴。ラベルは2種類作った。

 商品名の随風は天海大僧正の会津時代の得度名から取った。町観光協会の田中健太郎さんは「日本酒を飲みながら、偉人の功績に触れてもらいたい」と話している。

 販売場所は旭屋鈴木商店、長峯酒店、鈴木酒店、佐々木商店、ほっとぴあ新鶴。