大沼高(福島県会津美里町)、坂下高(会津坂下町)で閉校式 4月から会津西陵高に統合

2022/03/17 07:40

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
生徒代表の言葉を述べる相原さん=大沼高
生徒代表の言葉を述べる相原さん=大沼高
閉校式に臨む在校生=坂下高
閉校式に臨む在校生=坂下高

 福島県の大沼高(会津美里町)と坂下高(会津坂下町)が統合し、4月から会津西陵高となるのを前に16日、両校で閉校式が行われた。生徒らは伝統の重みを胸に刻み、新たな学校へ期待を膨らませた。

 大沼高の式では、阿部学校長が式辞を述べた。生徒代表の相原蓮さん(2年)が「伝統を継承していく。新たな出会いが生まれることに大きな喜びを感じている」とあいさつした。

 坂下高では、梅宮泰教頭が式辞を述べた。生徒代表の阿久津伸弥さん(同)が「この学校が多くの方々から愛されていることを実感している。新たな伝統を築いていく」と誓った。

 大沼高は1921(大正10)年に大沼実業補習学校として開設され、1948(昭和23)年に現在の校名に改称。昨年、創立周年を迎えた。

 坂下高は1949年に会津農業高(現会津農林高)の普通科として設置された。1954年に普通科が分離され、現在の校名となった。

 統合校の会津西陵高は、現在の大沼高の校舎を活用する。