新型コロナ 福島県内の情報

官民16組織・団体が感染発表【新型コロナ 福島県感染者情報】

2022/03/17 07:15

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

■白河市職員1人が感染

 福島県白河市は公立保育園に勤務する保育士が感染したと16日、発表した。担任しているクラスは21日までクラス閉鎖とし、他は通常通り保育を行う。


■二本松市の職員2人感染

 福島県二本松市は市役所本庁舎に勤務する50代男性職員と市の児童福祉施設に勤務する50代女性職員の計2人が感染したと16日、発表した。


■田村市職員1人が感染

 福島県田村市は市内の出先機関に勤務する20代女性職員が感染したと16日、発表した。


■浪江町職員2人感染

 福島県浪江町は50代男性職員と30代男性職員が感染したと16日、発表した。


■会津美里町職員1人が感染

 福島県会津美里町は町役場本庁舎政策財政課の40代男性が感染したと16日、発表した。


■県警本部の警察職員1人感染

 福島県警本部厚生課は県警本部に勤務する20代男性警察職員が感染したと16日、発表した。来庁者ら外部に濃厚接触者はおらず、業務の継続に支障はない。


■郡山地方広域消防組合の職員2人感染

 福島県の郡山地方広域消防組合は田村消防署大越分遣所の30代男性が陽性、40代男性がみなし陽性と診断されたと16日、発表した。職場内に濃厚接触者はおらず、業務に支障はない。


■白河地方広域市町村圏消防本部の職員2人が感染

 福島県の白河地方広域市町村圏消防本部は白河消防署、矢吹消防署に勤務する30代の男性職員各1人が感染したと16日、発表した。消防業務に支障はないとしている。


■伊達地方消防組合の消防職員1人感染

 福島県の伊達地方消防組合は20代男性消防職員が感染したと16日、発表した。


■福島医大の職員1人が感染

 福島医大は福島県郡山市在住の20代女性職員が感染したと16日、発表した。職員はみなし陽性という。


■県保健福祉部の職員1人が感染

 福島県は本庁の保健福祉部に勤務する30代男性職員が感染したと16日、発表した。職場内に濃厚接触者はいない。


■県相双建設事務所の男性職員1人が感染

 福島県相双建設事務所は50代の男性職員が感染したと16日、発表した。同事務所の感染者は累計20人となった。


■環境省発注事業従事の男女8人が感染

 環境省は同省発注事業に従事する20~60代の男女8人が感染したと16日、発表した。40代男性2人、50代と60代男性各1人は福島県双葉町で廃棄物処理に携わっていた。50代男性2人は大熊町で除染、20代男性は同町の中間貯蔵施設内で解体作業を担当。30代女性は富岡町の事務所で勤務していた。


■東邦銀行新宿支店の職員1人感染

 東邦銀行(本店・福島県福島市)は同行新宿支店の職員が感染したと16日、発表した。消毒作業などを徹底し、営業を継続する。


■福島信用金庫国見支店の職員1人感染

 福島信用金庫は福島県国見町の国見支店の職員が感染したと16日、発表した。濃厚接触者は調査中。支店は通常通り営業する。


■東京電力社員1人と協力企業作業員3人が感染

 東京電力は福島県の福島第一原発の30代男性社員1人と、40~50代の男性協力企業作業員計3人が感染したと16日、発表した。