農業の魅力や楽しさ、絵本で紹介 アグリバトンプロジェクト 福島県郡山の折笠さん首相官邸に届ける

2022/04/05 20:58

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
農業の魅力を伝える絵本を紹介する折笠さん
農業の魅力を伝える絵本を紹介する折笠さん

 農林水産省が推進する農業女子プロジェクトジャパンの「アグリバトンプロジェクト」は、子どもたちに農業の魅力や楽しさを伝える絵本「おいしいまほうのたび あさごはんのたね」を制作した。広報担当で、養蜂場を営む折笠ルミ子さん(福島県郡山市)は5日、首相官邸を訪れ、森雅子首相補佐官に絵本を届けた。

 アグリバトンプロジェクトは昨年、活動を開始した。メンバーが子どもたちに実施した将来なりたい職業を尋ねたアンケートを実施。「農業」の回答がゼロだった結果を受け、農業の楽しさを分かりやすく伝えようと絵本を制作し、読み聞かせる活動を企画した。

 絵本は、主人公が移り変わる四季を旅しながら食卓に並ぶコメや野菜のできるまでを学ぶ物語。畜産がテーマとなる第2弾も制作している。

 24日に郡山市の21世紀記念公園で開かれるイベント「さんぽdeマルシェ」に出展し、読み聞かせをする予定。

 絵本は森首相補佐官を通じて、岸田文雄首相にも贈られるという。