福島県三春町の桜保全へ協力を 11日から受け付け、500万円目標

2022/04/09 17:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
クラウドファンディングへの協力を呼び掛ける町職員
クラウドファンディングへの協力を呼び掛ける町職員

 福島県三春町は、町内の桜を保全し次世代に受け継ぐため、ふるさと納税型クラウドファンディングを活用して資金を募る。目標額は500万円で、周辺環境の整備や肥料の費用などに充てる。11日から受け付ける。

 日本三大桜の1つ、三春滝桜が国天然記念物の指定を受けてから100周年になるのに合わせて企画した。町内には三春滝桜をはじめとした桜の名木が数多くあり、地元の住民らが手入れしている。クラウドファンディングで集まった資金を基に、病害虫を防ぐための薬剤散布や土壌改良のための追肥、菜の花を植えるなどの周辺環境美化、樹木医による診断を行い、愛護活動を一層充実させる。

 ふるさと納税サイト「さとふる」で申し込める。事業名は「三春の桜保全プロジェクト」。返礼品もある。

 町は「三春の桜を次の100年につなぐため、皆さんの協力をお願いしたい」と呼びかけている。問い合わせは町総務課へ。