新型コロナ 福島県内の情報

官公庁など10組織が発表【新型コロナ 福島県感染者情報】

2022/04/15 09:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

■いわき市職員3人感染

 福島県いわき市は市医療センターに勤務する60代女性職員と市立学校の30代男性教職員、出先機関に勤める20代女性職員が感染したと14日、発表した。

 市によると、市医療センターに濃厚接触者はいない。女性は2日から病院内に入っていないため通常通り診療を続けている。市立学校は学年閉鎖している。


■福島市職員1人感染

 福島市は出先機関に勤務する40代男性職員が感染したと14日、発表した。濃厚接触者はいない。


■福島市消防本部職員1人感染

 福島市消防本部は20代男性職員が感染したと14日、発表した。濃厚接触者はいない。


■郡山市職員1人感染

 福島県郡山市は建設交通部の20代男性職員が感染したと14日、発表した。


■東邦銀行の職員2人感染

 東邦銀行は福島市飯坂町の同行事務センター、郡山市の郡山中町支店の職員各1人が感染したと14日、発表した。職場での濃厚接触者はおらず、通常通り営業を続ける。


■県教育庁職員1人感染

 福島県教委は県教育庁の30代男性職員が感染したと14日、発表した。


■小高産業技術高の教職員1人感染

 福島県教委は小高産業技術高の男性教職員が感染したと14日、発表した。


■環境省発注事業従事者3人感染

 環境省福島地方環境事務所は同省発注事業従事者3人が感染したと14日、発表した。3人は広野町の60代、楢葉町の50代、猪苗代町の50代。一般の不特定多数の人との接触はない。


■アクアマリンふくしま委託事業者職員1人感染

 アクアマリンふくしまは同館に勤める委託事業者職員の10代女性が感染したと14日、発表した。来館者、職員・スタッフに濃厚接触者はおらず、通常通り開館している。


■東京電力の協力企業作業員4人感染

 東京電力は福島第一原発の3人と福島第二原発の1人が感染したと14日、発表した。福島第一原発関連の感染者は累計261人、福島第二原発関連の感染者は累計28人。