福島県の「國権」吟醸酒で3位、「吉の川」5位 南部杜氏自醸清酒鑑評会

2022/04/20 09:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 2021酒造年度(2021年7月~2022年6月)の南部杜氏(とうじ)自醸清酒鑑評会吟醸酒の部で国権酒造(福島県南会津町)の「國権」が3位、吉の川酒造店(福島県喜多方市)の「吉の川」が5位に入った。南部杜氏協会(岩手県花巻市)が19日、発表した。

 鑑評会は1911(明治44)年に始まり103回目。南部杜氏協会加盟の杜氏がいる全国140の蔵元から、吟醸酒の部に312点、純米酒の部に325点が出品された。県内の10銘柄が吟醸酒の部、8銘柄が純米酒の部で優等酒に選ばれた。

 吟醸酒の部1位は旭興(渡辺酒造・栃木県)、純米酒の部1位は富士大観(森島酒造・茨城県)だった。表彰式は5月25日に岩手県花巻市で行われる。

 福島県内の優等酒は次の通り。

 ▽吟醸酒の部=國権(国権酒造・南会津)又兵衛(四家酒造店・いわき)笹の川(笹の川酒造・郡山)吉の川(吉の川酒造店・喜多方)藤乃井(佐藤酒造店・郡山)七重郎(稲川酒造店・猪苗代)南郷(矢沢酒造店・矢祭)三春駒(佐藤酒造・三春)東豊国(豊国酒造・古殿)榮四郎(榮川酒造・磐梯)

 ▽純米酒の部=國権(国権酒造・南会津)又兵衛(四家酒造店・いわき)笹の川(笹の川酒造・郡山)藤乃井(佐藤酒造店・郡山)七重郎(稲川酒造店・猪苗代)三春駒(佐藤酒造・三春)超(豊国酒造・古殿)純米大吟醸榮四郎(榮川酒造・磐梯)