ナシの人工授粉作業本格化 福島市 「二十世紀」などの花に花粉付ける

2022/04/20 18:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
豊作を願い、満開のナシ畑で人工授粉作業に励む生産農家
豊作を願い、満開のナシ畑で人工授粉作業に励む生産農家

 福島市郊外の果樹地帯ではナシの花が満開となり、白い花を敷きつめたような景色の中で生産農家が人工授粉作業に励んでいる。

 同市笹木野の高橋祐史さん(57)方では、好天となった20日、高橋さんと妻輝子さん(57)が豊作を願いながら、知人の手伝いを受けて「二十世紀」などの花に専用のぼん天で手際よく花粉を付けていた。

 高橋さんによると、昨年は4月の凍霜害で収量が例年の半分に落ちたが、今年は燃焼材などの対策を講じて、被害を受けず順調に生育しているという。作業は今月末まで続く。