模擬合戦で熱い戦い 福島県南相馬市でサムライフェス

2022/05/05 21:09

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
甲冑(かっちゅう)姿で合戦を繰り広げる参加者
甲冑(かっちゅう)姿で合戦を繰り広げる参加者

 福島県相馬地方に息づく武士文化を広く発信する「第6回サムライフェス」は5日、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で開かれた。

 相馬地方の高校生らでつくる実行委員会の主催。新型コロナウイルスの影響により2年連続で中止しており、3年ぶりの開催となった。「相馬」「伊達」の両陣営に分かれ、模擬合戦「南相馬矢野目の戦い」を繰り広げた。甲冑(かっちゅう)姿の約50人が特製のやりを手に相手の陣地に攻め込んだ。

 スポンジの刀で相手の腰に付いた紙風船を割る「こども合戦」も催し、子どもたち約40人が観衆の声援を受けながら元気いっぱいの戦いを見せた。

 念願だったという模擬合戦に初参戦した米国出身で南相馬市の外国語指導助手を務めるチャールズ・ブルックスさん(28)は「3年ぶりの開催でようやく出場でき、とても楽しかった。伝統的な文化に触れられてとてもワクワクした」と笑顔で振り返った。