鶴ケ城モチーフのドリップコーヒー人気 福島県会津若松市

2022/05/18 18:35

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県会津若松市の会津若松観光ビューローはオリジナルのドリップコーヒーを鶴ケ城売店で販売し、若い女性客らの人気を集めている。

 女性社員が中心となり、20、30代をターゲットにした新たな土産物として企画。社員が数種類のコーヒーを飲み比べ、酸味が控えめで、コクと苦みのあるブレンドを選んだ。

 1袋160円(税込み)で4月は月間最多の約500袋を売り上げた。鶴ケ城をモチーフにしたパッケージのデザインを担当した佐藤有香さんは「会津の思い出を振り返りながら味わってほしい」とPRしている。