「灼熱の唐揚げ」販売 日本一辛い村目指す 福島県平田村の道の駅ひらた

2022/05/28 09:44

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
灼熱の唐揚げ
灼熱の唐揚げ

 日本一辛(から)い村を目指している福島県平田村の道の駅ひらたは、福島市の信濃屋とのコラボレーション商品「灼熱の唐揚げ」を道の駅で販売している。

 唐揚げの衣に村産ハバネロを練り込み、口の中がヒリヒリするほどの辛さ。伊達鶏のうま味と、しびれる辛味を楽しめる。冷凍加工されているので、電子レンジで温めて気軽に味わえる。500グラム入りで3400円(税込み)。

 道の駅ひらたの生田目敦さんは「柔らかな肉質と、病みつきになる辛さを味わってほしい」と熱くPRしている。