新型コロナ 福島県内の情報

病院や行政機関庁など8組織で感染発表【新型コロナ福島県感染者情報】

2022/05/28 09:59

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

■福島医大付属病院の教員2人感染 新規入院受け入れ休止

 福島医大は教員2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと27日、発表した。教員が診療で出入りしていた同大付属病院の一部の病棟で当面の間、新規入院患者の受け入れを休止する。感染が確認された教員は福島市在住の20代男性と30代男性。外来診療と救命救急センター外来は通常通り診療している。


■県保健福祉部の職員1人

 県保健福祉部は出先機関に勤務する職員が感染したと27日、発表した。


■県相双建設事務所職員1人

 県相双建設事務所は60代男性職員が感染したと27日、発表した。


■西会津町職員1人

 西会津町は町役場本庁舎に勤務する30代男性職員が感染したと27日、発表した。


■中島村職員2人

 中島村は村内の保育所に勤務する保育士2人が感染したと27日、発表した。保育所は1日まで休所する。


■福島市立学校教員1人

 福島市は市内の学校に勤務する20代の男性教員1人が感染したと27日、発表した。


■福島市社会福祉協議会職員1人

 福島市社会福祉協議会は市内在住の40代女性職員が感染したと27日、発表した。


■環境省福島地方環境事務所職員1人と同省発注事業従事者1人

 環境省は福島地方環境事務所に勤務する福島市の30代職員、同省発注事業に従事する富岡町の50代男性が感染したと27日、発表した。男性は大熊町で除染業務を担っていた。