7月に初の「たむら愛郷祭」 福島県田村市 食や文化を発信

2022/06/01 17:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
愛郷祭をPRする(右から)村田さん、米谷さん、玄葉さん
愛郷祭をPRする(右から)村田さん、米谷さん、玄葉さん

 田村青年会議所(JC)などでつくる実行委員会は7月24日、初の「たむら愛郷祭(あいきょうまつり)」を福島県三春町の三春滝桜大駐車場で開く。田村地方の食や文化の豊かさを発信し、地域の誇りや絆を紡ぐ。

 新型コロナウイルスの感染拡大や地震、風水害などの自然災害で沈んだ社会の雰囲気を打破し、ワクワクする地域にしようと企画した。きらりと光る地元の資源をアピールすることで「たむらが好き」と言ってくれる人を増やす。

 田村、三春、小野の3市町の生産者と飲食店が出展し、地場産品を使ったこの日限りの料理を振る舞う。メニューは現在、飲食店ごとに生産者と連携して考案している。

 新鮮な農産物の販売や地域に伝わる民俗芸能の披露、3市町の観光PRも予定している。ゲストとして福島市在住の人気ユーチューバー「HIMAWARIちゃんねる」、「福島美少女図鑑」のメンバーらが来場する。

 当日の時間は午前11時から午後7時。雨天決行。

 JCの米谷量平理事長、村田将一専務が5月30日、三春町役場で概要を発表した。玄葉俊行会員拡大委員長が同席した。