10日、福島県飯舘村にレストラン開店 佐藤雄紀さん、古里復興後押し

2022/06/06 09:40

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
来店者と談笑する佐藤さん(中央)=5日
来店者と談笑する佐藤さん(中央)=5日

 東京電力福島第一原発事故で一時、全村避難を余儀なくされた福島県飯舘村出身の佐藤雄紀さん(31)は10日、村内二枚橋に田舎レストラン「La Kasse(ラ・カッセ)」をオープンさせる。地場産品にこだわった洋食メニューを提供し、古里のにぎわい創出を後押しする。

 佐藤さんは郡山市の専門学校を卒業後、県内のレストランなどで技術を磨いた。料理の腕を生かし、地元の復興に役立ちたいとレストランの出店を決めた。昨年から県道原町川俣線沿いの高台にある古民家を改修し、開業にこぎ着けた。メニューはハンバーグやパスタ、オムライスなどを提供する。

 開店に先立ち、5日には関係者向けの食事会を開いた。佐藤さんは来店者に料理の特徴などを紹介し、笑顔を見せた。「古里の食の魅力を発信したい」と意気込んでいる。

 店舗の住所は飯舘村二枚橋字本町193の3。営業時間は午前10時30分から午後7時(ラストオーダー午後6時30分)まで。定休日は毎週日曜日の午後と月曜日。