50日間の実習終え帰港 小名浜海星高の海洋練習船「福島丸」 マグロ12トン水揚げ 福島県いわき市

2022/06/28 10:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
実習生が見守る中、小名浜港に水揚げされるマグロ
実習生が見守る中、小名浜港に水揚げされるマグロ

 福島県いわき市の小名浜海星高の海洋練習船「福島丸」は27日、約50日間の遠洋航海実習を終え、市内の小名浜港に帰港した。

 今年度最初の遠洋航海実習で、海洋科の3年生26人と卒業後専攻科に進んだ20人が参加した。日付変更線付近の太平洋海域ではえ縄漁実習に臨み、メバチマグロやビンチョウマグロなど約12トンを水揚げした。

 実習生が船上で見守る中、クレーンで船から陸に魚を揚げると、実習生や出迎えに駆けつけた保護者、関係者らが写真に収めていた。今後、市内のスーパーなどで販売される。

 海洋科3年の金成英さん(17)は「船酔いや生活リズムの違いに悩まされたが、仲間とともに良い経験ができた」と笑顔を見せた。