福島県内宿泊施設が5部門で1位獲得 東北じゃらんアワード2021

2022/06/28 21:09

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 旅行雑誌「じゃらん」を発行するリクルートライフスタイルは28日、2021年度の利用客に好評だった旅館やホテルをたたえる東北ブロックじゃらんアワードを発表した。

 「売れた宿大賞」「泊まって良かった宿大賞」の21部門中、5部門で県内施設が1位(大賞)に選ばれた。売れた宿大賞では、11~50室部門で会津若松市の「庄助の宿 瀧の湯」、51~100室部門で同市の「くつろぎ宿 新滝」がそれぞれ1位に選ばれた。

 3位までに選ばれた県内施設は次の通り。

 ◆売れた宿大賞▽1~10室部門(3)はなれ 松島閣(会津若松)▽11~50室部門(1)庄助の宿 瀧の湯(会津若松)(3)丸峰別館 川音(同)▽51~100室部門(1)くつろぎ宿 新滝(会津若松)(3)くつろぎ宿 千代滝(同)▽301室以上部門(3)ホテルリステル猪苗代ウイングタワー(猪苗代)

 ◆泊まって良かった大賞(総合)▽50室以下部門(1)Lake side inn Beehive(北塩原)(2)和泉屋旅館(塙)▽51~100室部門(1)四季彩一力(郡山)(2)ホテル丸屋グランデ(南相馬)▽301室以上部門(1)アパホテル福島駅前(福島)

 ◆同(朝食)▽50室以下部門(2)岩惣(いわき)▽51~100室部門(3)四季彩一力(郡山)

 ◆同(夕食)▽50室以下部門(2)民宿沼袋(下郷)▽51~100室部門(2)四季彩一力(郡山)(3)ホテルパームスプリング(いわき)▽301室以上部門(2)ホテルリステル猪苗代ウイングタワー(猪苗代)

 ◆同(接客・サービス)▽50室以下部門(2)Lake side inn Beehive(北塩原)▽101~301室部門(2)八幡屋(石川)