カレーとハヤシライスのレシピを共同開発 福島県内JAなど

2022/07/02 09:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
県産食材を品定めする買い物客
県産食材を品定めする買い物客

 JA全農福島、福島県内でスーパーを展開するいちい、ハウス食品は、県産食材を使ったカレーとハヤシライスのレシピを共同開発した。1日、いちいと鎌倉屋の計16店舗でルウと県産食材の特別販売が始まった。31日まで。

 県産農畜産物の消費拡大を目的に、今春にもカレーとハヤシライスのメニュー計3種類を発表しており、第2弾。今回は県産野菜のソテー入りのカレーと、トマトと福島牛を使ったハヤシライスの2品を開発した。県産米の里山のつぶをカレーと、天のつぶをハヤシライスと合わせると相性がいいという。

 福島市のいちい信夫ケ丘店でJA全農福島の太田豊副本部長、いちいの佐藤明執行役員商品本部長らがPRした。