蛇口から桃ジュース 9日からJR福島駅のカフェで

2022/07/08 21:13

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
市内産モモを楽しめる「蛇口から桃ジュース」
市内産モモを楽しめる「蛇口から桃ジュース」

 福島市観光コンベンション協会はJR福島駅西口改札前の「カフェ・アボカーレ」で市内産モモを楽しめる「蛇口から桃ジュース」の提供を9日から始める。

 「くだもの王国ふくしま」が誇る果物の魅力を全国に発信するキャンペーン「ふくしまピーチホリデイ2022」の第1弾。桃色を基調としたかわいらしいデザインが描かれた機材の蛇口をひねると、市内産のモモを使い果樹農家で製造されているジュースが出てくる。すっきりした味わいが特長で、1杯300円(税込み)。

 市内農家の協力を得て実施し、6月の降ひょう被害を受けたモモの有効活用にもつなげる。今後はリンゴなど他の果物を使ったジュースも展開する方針。

 販売に先立ち、8日、報道向けの試飲会が開かれた。市観光コンベンション協会の金沢千裕さん(40)は「果樹園まで足を運ぶのが難しい場合は福島駅でモモを楽しんでもらいたい」と話した。