9月17日午後3時に開通 福島県いわき市と川内村結ぶ399号国道十文字工区

2022/07/21 21:38

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 「ふくしま復興再生道路」として、福島県のいわき市と川内村を結ぶ399号国道の十文字工区(延長6・2キロ)は9月17日午後3時に開通する。急カーブなどが続く難所が解消し、川内村からの救急搬送時間の短縮が図られるほか、通勤・通学や物流の利便性の向上が期待される。県が21日、発表した。

 県が2011(平成23)年度から事業に着手した。南側の2・9キロを県が施工し、技術的に難易度が高いトンネルを含む北側3・3キロを国土交通省が権限代行事業として担当した。

 総事業費約207億円を投じ、幅員7・5メートル(トンネル部7・0メートル)の片側一車線道路を整備した。川内村役場付近から、いわき市医療センターまでの移動時間は、常磐自動車道を通行するより20分間の短縮となる。

 開通日には、市内小川町で式典を催す。テープカットやくす玉割りなどを行う予定。