JR福島駅東口にたばこの喫煙所設置 8月上旬に供用開始予定 受動喫煙、影響ないのか

2022/07/22 09:50

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
JR福島駅東口のスクランブル交差点付近に整備が進む喫煙所
JR福島駅東口のスクランブル交差点付近に整備が進む喫煙所

 「毎日JR福島駅前を通ります。人通りの多い県都の玄関口にたばこの喫煙所を設置することに疑問を感じています」。福島民報社「あなたとともに 福島特命取材班」に投稿が寄せられた。福島市がJR福島駅東口のスクランブル交差点付近に喫煙所を整備している。7月末に完成し、8月上旬に供用が開始される予定だ。ただ、市民からは「受動喫煙などの影響はないのか」と不安の声が上がる。投稿を基に現状や喫煙所が設置される経緯などを取材した。

 市は駅周辺を「受動喫煙防止重点区域」とする市受動喫煙防止条例を2020(令和2)年7月に施行した。路上でたばこを吸う人を減らすため、条例に基づき指定喫煙所を設置。同年10月から指定喫煙所を除く区域内を禁煙とした。昨年3月からは駅前の東口と西口で指定された喫煙所以外で喫煙した場合、違反者に2000円の過料を科している。これまで過料の対象となった市民はいないという。

 東口の指定喫煙所は中合福島店が入っていた辰巳屋ビル、隣接する平和ビルの間にあった。駅前再開発事業に伴い使用できなくなった。市は景観を守り、受動喫煙を防ぐため「喫煙者に分かりやすく、非喫煙者に迷惑がかからない場所」などを条件に新たな喫煙所候補地を数カ所に絞り検討した。しかし、有料駐車場や店舗の敷地内となっている場所が多く、最適な場所として交差点付近を選んだという。

 新設される喫煙所は奥行き約6メートル、幅約4メートル、高さ約2メートル。喫煙所の出入り口は2回以上方向転換がある「クランク形状」などを採用しており、通行人が煙を吸わないよう工夫されている。

 市は駅前という立地場所や受動喫煙の懸念について「他に適切な場所がなかった。通行人の迷惑にならないよう実際に喫煙する場所と通行人の間に距離を取るなど配慮した」としている。

 県たばこ販売協同組合連合会の担当者は新設される喫煙所について「喫煙者に分かりやすい場所にあり、路上のたばこの吸い殻ごみを減らす一助になる」とする。

 ただ、強風が吹いた場合には煙の臭いが歩道に漂う可能性がある。建設が進む喫煙所の前を通った市内の無職男性(67)は「交差点と喫煙所の間に樹木を植えたり、壁を設けたりしてもらえたら、より安心だと思う」と話した。