3.16福島県沖地震

相馬港から6年ぶりクルーズ船が出港 福島県相馬市 地元の高校生ら和太鼓で見送り

2022/07/25 09:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「にっぽん丸」出港に合わせて演奏する相馬高相馬太鼓部
「にっぽん丸」出港に合わせて演奏する相馬高相馬太鼓部

 商船三井(東京)が運航するクルーズ船「にっぽん丸」(22472トン)は22日、福島県相馬市の相馬港3号ふ頭から26日まで5日間のクルーズに出港した。

 同港でのクルーズ船出港は2016(平成28)年6月以来、6年ぶり。クルーズの実施にあたっては船舶側、港湾側ともに各協会が示す新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに基づいた対応を図った。出発時には、アトラクションとして相馬高相馬太鼓部による勇壮な演奏が披露された。相馬港を出港後、清水港(静岡)や新宮港(和歌山)、青ケ島周辺周遊(伊豆諸島)を経て相馬港へ帰港する。

 相馬港3号ふ頭は3月の福島県沖地震で被災したが、応急工事により船舶受け入れが可能な状態に復旧した。