福島県会津地方の農産物や特産品の魅力、東京でアピール JA会津よつばと17市町村トップセールス

2022/07/29 09:55

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
首都圏に向けて会津の魅力を発信する原組合長(中央)
首都圏に向けて会津の魅力を発信する原組合長(中央)

 福島県のJA会津よつばと会津地方の17市町村は28、29の両日、東京都内でトップセールスを繰り広げている。初日は有楽町駅前広場などで会津の農産物や特産品の魅力を発信した。

 同広場でのトップセールス開始に当たって原喜代志JA会津よつば組合長が「会津の食を出前しに来た。新型コロナが収束したらぜひ会津に訪れてほしい」とあいさつした。会場ではコメやネギ、カボチャなど会津産の農産物を販売し、人気を集めた。みそや蜂蜜、ヨーグルトなど多彩な特産品も並び、多くの人が足を運んでいた。

 関係者は29日、豊洲市場でのトップセールスや大田市場での花きの販売対策会議に臨む。28日から31日まで、都内の日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)では会津ブランドフェアが開催されている。