ドミニカ大使館に福島県産モモ贈る JA全農福島、昨年の東京五輪で福島市で試合

2022/07/29 21:14

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
タカタ大使にモモを手渡す渡部県本部長(右)
タカタ大使にモモを手渡す渡部県本部長(右)

 JA全農福島は29日、東京都の在日ドミニカ共和国大使館に福島県産モモを贈った。

 昨年開催された東京五輪の野球で、福島市の県営あづま球場で日本と対戦したドミニカ共和国の選手らが県産モモを称賛したのをきっかけに寄贈した。

 渡部俊男県本部長がロバート・タカタ大使に旬の「あかつき」6玉入り10箱を手渡した。タカタ大使は「モモはプロ野球で活躍するドミニカ共和国出身選手に食べてもらう」と述べ、本県の復興に向けた取り組みに協力していく考えを示した。

 東京電力福島復興本社が仲介した。