デジタルスタンプラリー開始「ふくしま田園都市圏」の農産物販売促進

2022/08/05 17:32

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
デジタルスタンプラリーをPRする職員
デジタルスタンプラリーをPRする職員

 ふくしま田園中枢都市圏のにぎわい創出や地域農産物の販売促進につなげる「ふくしま圏域デジタルスタンプラリー」が3日、福島県で始まった。

 都市圏である福島、二本松、伊達、本宮、桑折、国見、川俣、大玉、飯舘の9市町村と米沢市が参加している。

 参加するには、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「ふくしま圏域スタンプラリー」を友達登録する。その後、各市町村の施設に掲示されているポスターのQRコードを読み取り、スタンプを集める。

 5市町村でスタンプを集めると、月ごとの抽選で1万円相当の各市町村特産品などが当たる。10市町村でスタンプを取得した全員には、福島市の道の駅ふくしまで使える5%オフの買い物券を贈る。

 期間は11月30日まで。


【スタンプラリーを実施する施設一覧】

市町村  施設名

福島市  道の駅ふくしま、道の駅つちゆ、農産物直売所ここら吾妻店

     農産物直売所ここら矢野目店

二本松市 道の駅安達(上下線)、道の駅ふくしま東和、道の駅さくらの郷

伊達市  道の駅伊達の郷りょうぜん

本宮市  しらさわ直売所「産直さわちゃん」

桑折町  町民研修センター「うぶかの郷」

国見町  道の駅国見あつかしの郷

川俣町  道の駅川俣

大玉村  あだたらの里直売所

飯舘村  いいたて村の道の駅までい館

米沢市  道の駅米沢、道の駅田沢