日本SF大会福島(F―CON) 27、28日、福島県郡山市のホテル華の湯で県内初開催

2022/08/08 09:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 全国のSFファンや作家らが1泊2日の日程で交流する「第59回日本SF大会福島(F―CON)」は27、28の両日、福島県郡山市の磐梯熱海温泉ホテル華の湯で県内初開催される。

 SF大会は1962(昭和37)年に始まり、全国各地で開かれている。SFに関する総合イベントで、特撮や小説、アニメ、漫画などの愛好者や専門家が参加し、講座や展覧会、作品の発表などを繰り広げる。

 F―CONは福島ガイナを中心にアニメ制作会社やクリエイターで構成する実行委員会が主催する。復興への思いを込め、「明るい未来」をメインテーマとしている。東日本大震災発生から10年目に合わせて2020(令和2)年8月に行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。

 いわき市ゆかりの作家星新一やSFの巨匠小松左京に関する展示、郡山市出身の小峰公子さんがボーカルを務める音楽ユニット「ZABADAK(ザバダック)」のライブなどを繰り広げる。

 宿泊参加の他、当日券もある。27日の正午から午後三時までの時間は無料で入場でき、SF大会初心者向けのワークショップなどを催す。チケットの申し込みはF―CONの公式ホームページで受け付けている。