吾妻山(福島、山形)で火山性微動 継続時間1時間39分で過去最長 仙台管区気象台発表

2022/08/08 21:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 仙台管区気象台地域火山監視・警報センターは7日午後7時50分ごろ、吾妻山(福島、山形両県)で火山性微動が発生したと発表した。センターによると、これまで発生した火山性微動に比べて振幅は小さいが、継続時間が1時間39分(速報値)で2001(平成13)年の計測開始以来最も長かったという。

 火山性微動は地下の熱水やガスなどの動きで生じるとされる。観測されたのは2022(令和4)年3月28日以来。

 火山性地震の増加はなく、福島市の浄土平にある傾斜計では微動の発生でわずかに変動がみられたが現在は発生前の状態におおむね戻ったという。

 噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)。センターは危険な地域に立ち入らないよう呼びかけている。