温泉の恵みに感謝、萩姫まつり献湯祭 福島県郡山市の磐梯熱海温泉

2022/08/09 21:07

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
各旅館の代表者に湯を配る萩姫の兼子さん(左)と安藤さん(中央)
各旅館の代表者に湯を配る萩姫の兼子さん(左)と安藤さん(中央)

 福島県郡山市の磐梯熱海温泉で9日、萩姫まつり献湯祭が催され、温泉の恵みに感謝した。

 磐梯熱海温泉の魅力を県内外に発信する第56代萩姫の安藤未来さん、兼子未来さんが「源泉み上げの儀」に望んだ。続く「分湯の儀」で各旅館に湯を配り、温泉街のさらなる発展を願った。

 実行委員長の菅野豊栄楽館会長が「温泉一滴一滴が大事な宝物。磐梯熱海温泉を末永く利用してほしい」とあいさつした。品川萬里市長らが祝辞を述べた。

 約800年の歴史があるとされ、「美人の湯」として親しまれる温泉の由来などが紹介された。