磐越西線喜多方-野沢駅間代行バス 10日から上下計23本 JR東日本

2022/08/10 09:50

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 JR東日本は9日、喜多方市の濁川橋りょうの崩落に伴い不通となっている磐越西線喜多方-野沢(西会津町)駅間で10日から運行する代行バスの発着時刻などを発表した。

 区間は【図】の通り。ジェイアールバス東北が平日、休日とも運行する。定員45人で、乗り場は各駅の駅前広場。1日上下計23本(上り12本、下り11本)を走らせる。喜多方から野沢まで約53分かかる。最も早い便は上りが野沢午前5時40分発、下りは喜多方午前6時発。最も遅い便は上りが野沢午後10時46分発、下りが喜多方午後10時20分発。

 運賃は列車と同額で、各駅で乗車券を購入する。車内精算や両替、IC乗車券の利用はできない。運行時刻はJR東のホームページで確認できる。問い合わせは同社お問い合わせセンターへ。