伝統芸能「じゃんがら念仏踊り」始まる 福島県いわき市

2022/08/13 18:44

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
じゃんがら念仏踊りを披露する内町じゃんがら保存会
じゃんがら念仏踊りを披露する内町じゃんがら保存会

 福島県いわき市を中心に江戸時代から伝わる伝統芸能「じゃんがら念仏踊り」が13日、市内で始まった。3年ぶりに新型コロナウイルスの行動制限がないお盆を迎え、各地で鎮魂の太鼓や鉦(かね)の音が響いた。

 じゃんがらは地域の青年たちが新盆を迎えた家を訪れ、太鼓と鉦を鳴らして踊りながら故人の霊を慰める。内町じゃんがら保存会は市内内郷内町の清光院を皮切りに、地域の家を訪ね回って念仏踊りを披露した。

 コロナ禍の影響で過去2年は中止していたといい、新盆でじゃんがらを迎え入れた地区在住の大野里美さん(60)は「今年は練習の音が聞こえたので準備していた。快く供養してくれた」と感謝。保存会の馬目季和代表(50)は「伝統を途切れさせたくなかったので、今年披露できて良かった」と話した。