福島市の飯坂線泉駅近くで爆発物騒ぎ 住民一時避難 「一時放置されたスーツケース」と確認

2022/08/16 21:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
不審物が見つかった現場付近16日午前10時24分、福島市泉字八幡
不審物が見つかった現場付近16日午前10時24分、福島市泉字八幡

 16日午前8時5分ごろ、福島市泉字八幡の市道で「不審なスーツケースがある」と住民から近くの福島署清水交番に通報があった。同署は爆発物などの恐れがあるとみて午前8時40分ごろから交通規制を行い、住民に一時避難を呼び掛けた。スーツケースはキャスターが壊れたなどの理由から旅行中の持ち主が一時的に路上に放置していたという。

 同署によると、スーツケースは高さ約60センチ、幅約40センチ、奥行き約20センチ。発見されたのは福島交通飯坂線泉駅近くの住宅地で、電柱付近に置かれていた。

 騒ぎを聞きつけた持ち主が署員とともに中身を調べ、危険性がないことを確認した。交通規制は午前10時20分ごろに解除された。

 同署は発見場所から半径50メートルを通行規制し、45世帯に避難を呼びかけ、周囲は一時騒然となった。避難所となった清水学習センター分館には、6世帯18人が避難した。