室屋さんがエアショーでおもてなし 9月3日朝の東都大学野球開会式 福島県福島市

2022/08/27 10:06

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県内で9月に開幕する東都大学野球1部の秋季リーグ「PREMIUM UNIVERSITIES22」に関連し、福島県は26日、選手や関係者へのおもてなし事業の概要を発表した。9月3日午前8時45分から、福島県福島市の県営あづま球場で行われる開会式で、同市在住のエアロバティック・パイロット室屋義秀さん(中央大出身)のエアショーを行う。

 室屋さんは10分程度、球場上空をフライトし大会を盛り上げる。福島県産農産物をPRするため、福島県はJAグループ福島と連携し、選手や関係者が滞在する宿泊施設にコメ300キロ、牛肉41キロのほか、桃、キュウリ、トマト、ネギなどを提供する。

 東都大学野球連盟に加盟する亜細亜、国学院、駒沢、青山学院、日本、中央の6大学それぞれのユニホームをデザインしたオリジナルの「白河だるま」を製造している。開会式で内堀雅雄知事が選手に贈呈する予定。

 3日の福島県営あづま球場、4日のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)=福島県郡山市=の両会場では、東京五輪の際に活動予定だった都市ボランティア計約40人がチケット確認などで協力する。

 対戦カードは両日とも亜大-日大、国学院大―青学大、駒大―中大。試合開始は3日が午前10時、4日が午前9時。チケットは1500円で、各球場で当日発売する。高校生以下は無料。