【ふくしまSDGs博】子育て支援団体 NPO法人ロータス【9月24、25日 郡山市】

2022/09/21 11:07

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
会場に設置される「ボルダリング」
会場に設置される「ボルダリング」

 会津若松市で、木製玩具・遊具で遊びながら五感を育む施設を運営している。

 プラスチック段ボール(プラダン)で組み立てたカラフルな巨大迷路が入場者を出迎える。

 ものづくり体験コーナーでは、ヒノキのかんな削りを使ったフラワーアレンジメント、鶴ケ城本丸で伐採されたサクラの木のスプーンとフォークのセット、会津桐と木っ端を組み合わせる舟のおもちゃなどを作って楽しめる。有料で500円から。

 木と遊ぶ「木育」コーナーでは、木製のボルダリングを設置する。高さ1メートルほどで、小さな子でも安全に楽しめる。また、会津をモチーフに、鶴ケ城本丸にあった松の木で制作した人形の落ちてくる音が心地良い玩具「カタカタ」を初披露する。


■飲み物無料提供 マイボトルなど持参の来場者に

 24、25の両日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれる「ふくしまSDGs博」では、マイボトルやマイカップを持参した来場者を対象に、無料でドリンクを提供するサービスを実施する。

 会場内に専用コーナーを設置する。麦茶やミネラルウオーター、カルピスをマイボトルやマイカップを使って飲むことできる。