5分前行動(9月22日)

2022/09/22 09:11

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 仕事でも、待ち合わせでも、時間にはゆとりを持ちたいものだ。心の準備が整い、予期せぬ出来事にも柔軟に対応できる。車を運転するなら、なおさらだ▼交通事故の件数、死者数は全国的に減少傾向にある。県内の昨年1年間の死者数は49人で、警察庁が現在の統計方法で集計を始めた1953(昭和28)年以降で最も少なかった。過去最多だった1969年の398人と比べると、約8分の1に当たる。県警の取り締まりや関係団体の地道な活動が着実に実を結んでいる▼東北6県で見ると、残念ながら死者数は本県が最も多い。49人のうち、65歳以上の高齢者は32人で、65・3%を占める。このうち17人は歩行者だった。痛ましい事故をなくすには運転者だけでなく、歩行者も正しい道路の横断や、夜間の反射材着用といった習慣付けが欠かせない▼秋の全国交通安全運動が30日まで繰り広げられている。日の入りが早くなると、何かと気がせく。薄暮時は路地の片隅にも思わぬ危険が潜む。周囲に注意を払う余裕が肝要であり、「5分前行動」で時間の貯金をしておきたい。何事も早いに越したことはない。もっとも、車の速度は遅め、をお忘れなく。