24、25日に福島県郡山市で「ふくしまSDGs博」 県内外100企業・団体出展

2022/09/23 10:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 国連の持続可能な開発目標(SDGs)を楽しみながら学び、地域の未来を考える「ふくしまSDGs博」は24、25の両日、福島県郡山市のビッグパレットふくしまで開かれる。

 県民が先進的な事例に触れ、一人一人の行動につなげるきっかけの場にしようと福島民報社が創刊130周年を記念して企画した。SDGs関連では東北最大級のイベントで、学園祭のような自由な雰囲気の中、県内外の約100の企業・団体が出展する。

 ステージ発表、体験イベントも多彩に繰り広げる。飲食コーナーも設ける。気候変動対策など環境に配慮した取り組みも行う。

 24日午後1時30分から教育評論家の尾木直樹さん(尾木ママ)、25日午後1時30分から魚類学者のさかなクンがそれぞれ講演する。

 開場時間は午前9時30分から、24日が午後5時、25日が午後4時30分まで。入場無料。問い合わせは事務局 電話024(531)4082へ。


■絵本ワールド同時開催 日本フィル出演

 絵本の魅力や楽しみ方を伝える「絵本ワールドinふくしま2022」は24、25の両日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれる。日本フィルハーモニー交響楽団も出演する。

 福島民報社が創刊130周年を記念して企画する「ふくしまSDGs博」と同時開催となる。