福島県知事選に新人の草野氏が立候補へ

2022/09/28 21:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 任期満了に伴い10月13日告示、30日投票で行われる福島県知事選で、共産党県委員会や県労連など16団体でつくる「みんなで新しい県政をつくる会」は28日、県庁で記者会見し、郡山地方労連副議長の新人草野芳明氏(66)を擁立すると発表した。

 草野氏は郡山市出身、安積高、福島大教育学部卒。県立高の社会科教諭として38年間勤務した。2014(平成26)年10月から郡山地方労連副議長を務める。県立高教組県南支部執行委員も担う。

 草野氏は今月中旬に「みんなで新しい県政をつくる会」の要請で立候補を決意した。共産党から推薦を受け無所属で臨む。記者会見で「国の悪政から県民を守る防波堤の役割を果たそうとしない県政に終止符を打たなければ、震災や原発事故からの真の復興は実現できない」と訴えた。

 知事選には、3選を目指す現職内堀雅雄氏(58)、郡山市の会社経営高橋翔氏(34)が立候補を表明し、郡山市の会社経営鵜沼誠氏(43)は立候補の意思を固めた。大阪府在住の男性(68)=二本松市出身=も立候補を模索している。