カボチャでできた大相撲の「大波三兄弟」人気 まげ、まわしにこだわり 福島県南相馬

2022/09/30 09:39

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県南相馬市原町区の紺野汀子さん方にカボチャでできた大相撲の若隆景、若元春、若隆元の大波三兄弟が飾られ、近所の注目を集めている。

 ハロウィーンの時期に合わせ、オレンジ色の観賞用カボチャを育て製作した。最も大きい「若隆景」は直径約30センチ、重さ8キロで兄たちは5キロを超える。

 まげやまわしの形や色にもこだわったという紺野さんは「秋場所を盛り上げてくれた。3人ともさらに上を目指して頑張ってほしい」とさらなる成長を願っている。