東北地方の高校生がSDGsに意見交わす 福島県郡山市で東北大会

2022/10/16 10:01

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
SDGsの実現に意見を交わす高校生ら
SDGsの実現に意見を交わす高校生ら

 国連の持続可能な開発目標(SDGs)を学ぶ高校生らを支援するプログラム「第3回サステナブル・ブランド・スチューデント・アンバサダー東北大会」は15日、福島県郡山市の日大工学部で開かれた。

 サステナブル・ブランド・ジャパンの主催、日本旅行の共催で、東北地方の高校生約70人が参加した。一般社団法人プロギングジャパンの常田英一朗代表理事による基調講演に続き、参加者は3班に分かれて、郡中トラベル、ノボノルディスクファーマ、福島民報社のSDGsの取り組みを学んだ。班別に「SDGs実現に新聞社と何をしたいか」などをテーマに意見を交わした。

 高校生は成果を論文にまとめ、優秀者は来年2月に東京で開催される全国大会に招待される。