ふくしまSDGs博

 健康、教育、気候変動、産業、まちづくりなどの課題解決を目指す国連の持続可能な開発目標(SDGs)の理念は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を目指す福島県の目標とも多くが重なります。また震災以降、「産業づくり」「人づくり」「健康づくり」を柱に「地域づくり」に取り組む福島民報社が目指している復興像にもつながります。
 福島民報社は2021年8月、「人が輝く福島」「活力ある豊かな福島」「健やかで生きがいに満ちた福島」「助け合い共に歩む福島」を目標とする社としてのSDGs宣言を発表しました。同時に福島県内の団体、大学、企業、行政機関とともに「ふくしまSDGsプロジェクト推進コンソーシアム」を組織し、機運盛り上げの一翼を担うこととしました。
 そして、創刊130年を迎える2022年の今年はSDGsの先進的な事例に触れて理解を深め、一人一人の行動につながるきっかけを提供できる場として 「ふくしまSDGs博」を開催いたします。
開催日時
2022(令和4)年9月24日(土)、25日(日) 午前10時~午後5時
  
会場
ビッグパレットふくしま
郡山市南二丁目52番地  多目的展示ホール、屋外展示場
※入場無料
※同時開催 絵本ワールド
内容
ステージイベント(著名有識者、タレント・お笑い芸人・音楽イベント)
ブース(SDGs関連団体・企業ブース、県内特産品・市町村PRブース) など

ステージイベント予定

  • ・基調講演
  • ・ステージショー
  • ・子供たちによる音楽ステージ
  • ・みんなのSDGs宣言、ポスターコンクール、未来新聞の披露
  • ・地域再生大賞受賞団体によるSDGsと地域づくりの実践例報告
  • ・SDGsクイズ大会
  • ・SDGsゲーム各種
  • ・出展者PRなど

問い合わせ先

事務局 電話024(531)4082

なお、ふくしまSDGs博の詳細に関しては決まり次第、福島民報朝刊とホームページでお知らせいたします。