東日本大震災アーカイブ

18歳以下医療費1日から無料化

 東京電力福島第一原発事故を受け、福島県の18歳以下の医療費無料化が1日に始まる。都道府県単位での実施は全国で初めて。対象期間は18歳に達する年度の3月末までで、今年10月の診療分から適用となる。
 原発事故からの復興に向けて、子どもの健康を守り、安心して子育てしやすい環境をつくるのが狙い。県内市町村が小学3年生までの医療費を無料化しているため、県は小学4年生から18歳以下を対象に全額補助する。
 県内に住民票があることが条件で、県外避難者でも住民票を異動していなければ無料となる。無料となるのは健康保険適用の診療を受けた際の自己負担分。各市町村に受給資格者として事前登録が必要だ。
 18歳以下の医療費無料化には県民健康管理基金を活用する。年間40億円程度が必要と見込まれており、恒久的な財源確保が課題となっている。

カテゴリー:福島第一原発事故