東日本大震災アーカイブ

富岡町、25日からパトロール 区域再編、24時間態勢で

 富岡町は警戒区域が再編される25日から町内の防犯・防火パトロールを開始する。パトロール隊員は非常勤公務員として雇用し、24時間態勢で巡回する。12日に郡山市で開かれた3月定例町議会の本会議で、関連条例改正案が原案通り可決された。
 多くの人の出入りが想定される午前7時から午後6時までは、3人1組の6チームが交代で警戒に当たる。消防車両で帰還困難区域を含む町内全域を回る。消防団員内から隊員を募る予定で、月~金曜日で勤務する隊員を18人、土・日曜日の警戒に当たる隊員を登録制で100人程度募る計画だ。
 隊員の給料は月額35万8600円、日額1万6300円。空間放射線量の高い帰還困難区域にも立ち入るため、特殊勤務手当が含まれている。
 夜間の午後6時から翌午前7時までは警備会社に委託する。
 本会議では、町長ら特別職の給料月額20%引き下げを1年間延長する条例改正案などを含む計25議案を原案通り、可決した。

カテゴリー:福島第一原発事故