東日本大震災アーカイブ

監視態勢早急に 第一原発の汚染水漏れ 田中規制委員長が初視察

第一原発を視察後、報道陣の質問に答える田中氏=Jヴィレッジ

 東京電力福島第一原発で汚染水漏れが相次いだ問題を受け原子力規制委員会の田中俊一委員長(福島市出身)は13日、就任後初めて第一原発周辺の現場を視察した。「(汚染水が)外に出て行かないかが一番の問題。早急に監視態勢を整えてもらう」と考えを述べた。
 田中氏は重要免震棟で広瀬直己社長、高橋毅福島第一原発所長から汚染水漏れなどの状況などについて説明を受け、地下貯水槽などを約1時間かけて視察した。
 終了後、Jヴィレッジで報道陣の取材に応じ「電気系統を含め仮設の施設でやったことに問題があった。今後も使用済み燃料の取り出しなど大きな課題が山積している」とした上で、「東電だけで解決できないことは政府全体で取り組む必要があり(対策を)きちんと検討してほしい」と国の対応を求めた。
 さらに、何かしらのトラブルが発生した場合を想定し、「速やかに説明できるよう準備しておくべきだ。(万一の際に)住民に心配を掛けないよう指導していきたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故