東日本大震災アーカイブ

県漁連が東電に抗議 汚染水漏れの海洋放出認めず

石崎副社長に文書を手渡す野崎会長(左)

 東京電力福島第一原発の地下貯水槽から汚染水が相次いで漏れた問題を受け、県漁連(野崎哲会長)は15日、東電に抗議した。楢葉町のJヴィレッジ内にある東電福島復興本社を訪れた野崎会長が「汚染水が海洋に流れないようにしてほしい。できることは協力したい」と述べ、石崎芳行副社長(福島復興本社代表)に抗議や要望を盛り込んだ文書を手渡した。
 文書は「本格的操業再開がいつになるかとの落胆は大きく、東電の汚染水対策へ強い不信感を持たざるを得ない」などとして、対策強化と汚染水を海洋に放出しないよう要求した。
 終了後、石崎副社長は原発建屋周辺を流れる地下水を上流でくみ上げる「地下水バイパス」について、モニタリングで汚染がないことを確認できれば、地下水の海洋放出を漁連側がおおむね認めたことを明らかにした。

カテゴリー:福島第一原発事故